ブログ内検索


プロフィール

ゆみこ。


カテゴリー


私へのメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:


最新の記事


最近のコメント


お気に入りのブログ


最近のトラックバック


リンク


過去ログ


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日記
今日は大学時代の友人と、ランチを食べに行きました。
友人は師勝町に住んでいるため、そっちにはるばると出かけていきました。

ランチは一宮にある「和くら」というとんかつ屋さん。
美味しくておなかいっぱいになりました!


で、帰る時の車の中で昔の彼の話になり、彼が働いている職場に
会いに行ってみることに。
(簡単に会いにいけちゃうところなので)

いるかなぁ~とどきどきしながら室内を見てみると
「いたいたっ!」と友だちが発見。

いつもならずけずけと中に入っていけるのだけど、
今日は事情があって関係者以外立ち入り禁止状態。

どうしようかぁ~とうろうろしていると
私たちに気付いた他の人が出てきてくれた。

で、○○さんいますかぁ?と言っている最中に
外を歩く彼を発見!


彼は私たちに気付いたものの、他の建物に入って行ってしまった。
しばらく待っていると出てきたので、
「お久しぶりです」と言うと、
「なんで??」不思議そうな顔をしてる。
私の友だちは、彼の職場の近くに住んでいるので、
時々顔を見ていたから、そこにいても不思議じゃないけど、
私は10何年ぶりかの再会。


「大きくなったか?」といきなり失言をはかれた(笑)
(確かにその当時より7.8キロはデブになってる・・・^^;)

お元気そうでなにより~など、いろいろと話をしてきた。
まだ独身、と知ると「早く嫁に行けよー」なんてことも言われた。
相変わらずズバズバと言うヤツだ・・。
まぁそういうところが良かったんだな、私は。

「いつ出会ったんだっけ?」
と聞かれたので、私が18.19くらいの時だと言うと、
もう○○年も経つのか・・・とびっくりしてた。
というか・・・覚えてろよーそれくらい^^;


ももちゃんの写真を見せて
まだ生きてることを伝えると、驚いていた。
ももをすごく可愛がっててくれたので、
もし会う機会があるんだったら写真を見せたいな、密かに思っていた。
見せれてよかったなぁ。


その彼の妻は、私が彼と付き合っているのを知っていて
横入りし、結局彼は彼女を選んだ。
相当傷つき、死んでしまおうかと思った。
毎日泣いていた。


当時、私の周りにいる友人たちは、私が何かしでかすんじゃないか、と
すごく心配し、1人にさせないように、いつも遊んでくれた。


結婚願望の強かった私は、その彼と結婚したいと思ってたので、
そんな別れ方をしたもんだから、
私は彼を忘れるまで相当の年月がかかったような気がする。

10数年たって、こうやって笑って話ができるなんて
思いもしなかったけど、会えて良かった。

先月、私の家の近くに所用で来たらしく、
どうしてるかなぁ?と私のことを思い出したらしい。

そうやってたまに思い出してくれるだけで、もう充分。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ☆Happy Life☆  all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。